08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【歌詞】ゼロに届け

2015年 04月25日 21:52 (土)

ゼロに届け


(誰か 誰か 誰か 誰か
 来てよ 触れて ここに いるよ
 誰か 誰か 誰か)
 
拒絶し 廃棄し 取り込まれたら 引き延ばされて 恋さえ忘れる
真っ赤な この空 何度目の空? それでも大切なもの 失いたくない
 
(求めた)箱の中
(穢れ)ねえ 何回目
(疲弊し)敵求め(無為で)
答えはどこに あるの
 
(空の箱にはない)
 
(願いは?)
 
 またも この出来損ないの 舞台にいる (いつからか)
 狂い奪い未来ない 否定の教室
 
 たとえ 壁叩いて 枯れるまで呼んでも (届かない)
 君の姿 見つからない (いつかの私 見つからない)
 
(誰か 誰か 君が)
 
 
殺して 燃やして 姫のところへ 死体積み上げ 部屋に乗り込んで
手足に 心臓 人間の機能 もう君以外のすべて 消えて構わない
 
(明るい)海の中 (落ちて)ねえ 底なしで
あー(溺れて)もがいても (無理で) いつまで逃げて いるの
 
(すり切れ消えるまで)
 
(願いは)
 
 またも この出来損ないの 舞台にいる (いつまでも)
 裏切り 騙し 手汚す 怠惰なお遊戯
 
 悪夢 泥の暦 罪と罰の中に (もういいよ)
 君の姿 見つけてやる (いつかの私 見つからない)
 
 
 君を (君を) 手放しても (しても) 生きていける (いける)
 けれど僕は (わたしは) 心壊し (壊し) 世界壊し (壊し)
 君を求め(求め) 祈り願う(願う)
 願う!(願う!)
 
 (みんな求めて 私たちのこと
 必要として 救うから)
 
 またも この出来損ないの 舞台にいる (永遠に)
 笑いが絶えることない エセの桃源郷
 
 だけど 壁叩いて 枯れるまで呼んだら (聞こえるよ)
 ゼロの君を 見つけられる
 (いつかの私 見つけられる)
 
(君が 君と 君に)
(逢える)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

2015年05月21日 00:46

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。